『中国人の価値観』の翻訳を終えて (2016.2.20) 
訳者/重松なほさん
 

 重松さんは、古代から現代までの中国人を把握する、北京大学教授・宇文利著の『中国人の価値観』(同社刊)を翻訳した。重松さんが書籍翻訳を担当するのは、今回初めて。
 体験文に綴られた、一番大変だったことについては「著者の示した引用・参考文献で既に出版された日本語訳を調べること。文中に出てくる書物を一覧表にして、ネットや図書館、キンドルなども使って既訳を探しました」と定訳・既訳を確認する作業の苦労を打ち明けた。
 また本書の翻訳は「中国の歴史・文化を総復習でき、とても勉強になる作業」だったと振り返った上で、文章を推敲する過程においては時間の制約もあり、「武吉(次朗)先生の『こってり中華』から『さらさらお茶漬け』にというなめらかな日本語までいかず、固めのごはんぐらいかなと思っております」とユーモアと謙遜を交えながら、翻訳の出来について率直に告白。その上で、「今回の反省を生かして、これからも精進していきたい」と新たな抱負を述べていた。



【訳者紹介】重松なほ(しげまつ・なほ) 1978年生まれ。1988年秋北京の日本人小学校で過ごす。城西国際大学人文学部国際文化学科卒業。仕事のかたわら日中翻訳を学び続け、2013年10月~2015年8月まで日中翻訳学院を受講。

※『中国人の価値観』 宇文利・著、重松なほ・訳
http://duan.jp/item/210.html
かつて「礼節の国」と呼ばれた中国に何が起こったのか? 伝統的価値観と現代中国の関係とは? 国際化する日本のための必須知識。

日本僑報社中国研究書店微博段躍中日報漢語角・日語角中国語報道日本語作文日中翻訳学院


会社案内 日中交流研究所 段躍中のページ : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15湖南会館内
TEL 03-5956-2808 FAX 03-5956-2809■E-mail info@duan.jp
広告募集中 詳しくは係まで:info2@duan.jp このウェブサイトの著作権は日本僑報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。