『少年音楽物語』の翻訳を終えて (2016.2.20) 
訳者/藤村とも恵さん
 

 藤村さんは、中国近代文壇を代表する豊子愷(ほう・しがい)の児童文学全集第2巻『少年音楽物語』(小社刊)を翻訳した。藤村さんが書籍翻訳を担当するのは、今回初めて。
体験文によると、初めての書籍翻訳を無事終えたことに対し、日中翻訳学院の講師・武吉次朗先生をはじめとする関係者への感謝の意を表した上で、今回の翻訳の苦労について「言葉はもちろん、音楽関係の専門用語と各国の音楽家の名前、それに漢詩や歌詞など、わからないことが次から次へと出てきた。民国時代の内容のため、古い言い回しや言葉、詩の引用が多くて苦労した」と率直に振り返る。

そうした体験を経た上で、書籍翻訳で大切だと思った点は「事前によく調べること、独りよがりにならず他者に読んでもらうこと、えり好みせずいろいろな文章に接し文章を精読すること、さまざまな分野に興味を持つこと、絶えず母語を磨くこと、そしてそれらをコツコツと積み上げていく、まさに武吉先生が教えて下さっている通り」だと強調。

さらに「翻訳作業は私にとっては非常に厳しく大変でしたがチャレンジして本当に良かった」「自分をすべてさらけ出す翻訳のおそろしさもいやというほど味わったが、同時に翻訳のおもしろさと奥深さを身をもって体験することができ、今後の課題もはっきりするなど得たものは大きく、翻訳ってやっぱり楽しい、と実感した」と力説していた。



【訳者紹介】藤村とも恵(ふじむら・ともえ)
長野県出身。深せん大学語学留学課程修了、現在広東省深せん市在住。日中翻訳学院武吉塾を第四期より継続受講中。

※ 豊子愷児童文学全集第2巻『少年音楽物語』
豊子愷・著、藤村とも恵・訳、林屋啓子・編集協力
http://duan.jp/item/193.html
家族を「ドレミ」に例えると? 音楽を愛する少年の話から始まる未来の音楽家のための短編集。世界で読まれている児童文学の名作。

日本僑報社中国研究書店微博段躍中日報漢語角・日語角中国語報道日本語作文日中翻訳学院


会社案内 日中交流研究所 段躍中のページ : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15湖南会館内
TEL 03-5956-2808 FAX 03-5956-2809■E-mail info@duan.jp
広告募集中 詳しくは係まで:info2@duan.jp このウェブサイトの著作権は日本僑報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。